リストラ宣告後の対処

中高年 リストラ転職 - 嫌な仕事でも自分が求められる仕事をする

中高年 リストラ転職 - 嫌な仕事でも自分が求められる仕事をする

中高年のサラリーマンが、リストラを機に、自分の夢を実現させるために、自分が夢見ていたことに挑戦するというのはアリでしょうか?

家族がいなくて、自分一人野垂れ死んでもいいと覚悟しているなら、良いんじゃないでしょうか?

そうではなくて、通常の転職活動なら、中高年の場合は、自分が求められる仕事をするという覚悟を持つべきです。

中高年求職者
中高年求職者

実は今までやってきた仕事は、自分のやりたい仕事じゃなかったのです。

家族のため仕方なくやってきたんです。

ふろんて
ふろんて

じゃ、なんで今更、家族のために働くことを辞めて、自分がやりたい仕事を始めようと思うのですか?

中高年求職者
中高年求職者

リストラを契機に、残り少ない人生、自分の好きなことをしてみたいのです。

いままで我慢してきたから、罰はあたらないですよね!

ふろんて
ふろんて

家族、少なくとも子供たちが成人するまでは、今まで通り家族のために働きませんか?

その後、自分の好きな仕事をしたらいいじゃないですか?もう少し我慢してみてください。

それが私の偽りのない気持ちです。

 

中高年リーマンの仕事探しの鉄則

世間の風潮に流されてはいけません。

ー 「自分の好きなことを仕事にする」

ー 「定年のないフリーランスという生き方」

ー 「今の仕事は、天職ですか?」

ー 「転職するからには、天職に就かないと!」

と、心をくすぐるようなキャッチフレーズに、無意識に、

「自分がやりたい仕事をするべきなんだ」

と錯覚しないでくださいね。

 

中高年のサラリーマンの職探しの鉄則は、あなたが求められる仕事を探すことです。決して、自分自身がしたい仕事を探すのではないのです。

条件がよくで、採用される可能性が高い職を探してください。

やりたい仕事や好きな仕事は、楽しくて楽な仕事とも違いますし、家族を支えていける収入が得られる仕事とも違います。

 

基本的に、仕事は「生活の糧を得る」ための手段です。その「生活の糧を得る」という本来の目的を最優先させると、「やりたい仕事」や「好きな仕事」という概念自体が少し間違っているのかなと感じます。

きっちり、「生活の糧を得る」ための仕事探しをしてください。

そのためには、生活の糧となる給料を十分に払ってくれる仕事を探さないといけません。つまり、自分自身の技能で十分に会社に貢献できる仕事で、自分が会社から期待される、求められることをするのが大前提になります。

中高年リーマンが、リストラで転職先を探している時に、「好きな仕事ではないので、やりたくない。」という言葉を聞きますが、全く甘えているとしか思えません。

好き嫌いは別として、自分が求められている条件の良い仕事なら、真っ先に前向きに検討すべきです。

 

皆さんは仕事って、初めから好きでしたか?私にとって、仕事は嫌なものでした。

それでも、我慢して必死に取り組んでいると、たまに上手く行くことがあり、何とも言えない充実感を感じることがあります。

チームとして成果を上げて、世間にも貢献する仕事に携わることによって、徐々にその仕事が好きになっていくのが本当のところではないでしょうか?

決して、初めから好きなわけでなく、苦労に苦労を重ねて、長い年月が経って、愛着をかんじたりしながら、徐々に、その仕事の面白さが分かり、その仕事が好きになり、後から振り返れば、自分にとっては天職だったのかなと感じるものかなと私は思っています。

 

私に言わせてみれば、中高年になるまで、一つの仕事をじっくりと精魂込めて、10年、20年とやっていたら、その仕事の面白みが分かってくるのが一般的なんだと感じます。

それが、今の仕事が面白くないから、「好きな仕事をしたい」と主張するのは2重の意味で問題があると思います。

1)今までの仕事を、精魂込めて取り組んで、面白いと思えるまでに真面目にコミットしてこなかった。

2)なぜ、まだやったことのない仕事が「好きだ」と思えるのか?その根拠がよくわからない。

 

例えば、自分が他人のYouTubeを見ることが好きだとしても、YouTuberになって、自分自身でYouTubeを毎日のように投稿するのが好きだとは、YouTuberになってもいないのに、わかる訳がありません。

しかも、自分が転職する際に、実際にそれを仕事にしたことがないのに、YouTuberで生活して楽しいなんて、全く根拠のない思い込みにすぎません。

生活するためには、再生回数が何十万回以上も必要で、とても到達できなくて、気づいたらYouTuberを作ることが大嫌いになっていたなんて、良くある話です。

 

このように、イメージだけで楽しい仕事だと思って、その未経験の仕事に就くのはリスクがありすぎます。

十分な給料が貰えない可能性が高いのと、本当にと全くやったことがないので、自分に全く向いていない可能性があります。

 

このように掘り下げていくと、自分がやりたい仕事ではなく、自分が求められる仕事すなわち、今までやってきてちゃんと成果を出せる仕事をするのが一番なのです。

 

自分の夢を追い求めるなら、食えない覚悟を

若い頃に夢を追いかけたかったのに、自信がなかったり、お金がなかったり、親の反対でどうしてもできずに、今になって、その夢を追いかけたいという中高年もいるかもしれません。

しかし、私は敢えて辛口なコメントをします。心底叶えたいと思った夢ならば、若い頃にその夢を追うという行動を起こしているはずです。

若い頃諦めたのなら、その程度の想いしかなったのです。なので、どうしても叶えたいという夢ではなかったのです。

きっぱり諦めましょう。

 

大体、中高年になってから夢を追い求めて成功できますか?夢を追うなら若い頃から、できれば十代、遅くても二十代までです。

若くから始めた方が、夢の成功確率は遥かに高くなります。そして、あなたが中高年になるまで、モヤモヤしながら、夢も追わず、ある意味流されて生きてきたなら、今更夢を追って成功できるような習慣は身についていないと言えます。

 

困難な状況がでてきたり、周りから大きく反対されたら、またケツを割って、若い時と同じように、夢を追うのを辞めてしまうのがオチです。

色々と理由を述べて、さもその夢を追うことが難しかった、できなくて当然だったということを、本当に上手く説明して見せてくれるでしょう。

ジョブズ
ジョブズ

できない理由は聞いていない。

どうしたらできるのかということを聞いているのだ。

という、ステーブジョブズの有名な言葉があります。周りが何と言おうとも、絶対にやり抜くという気違いじみた変人の強い意志が必要です。

なので、悪いことは言いません。若い頃に諦めたあなたが、今になって夢を追って叶えるなんて、幻想でしかありません。辞めておいた方が無難です

 

それでも、夢を追いたいんだ。夢が叶わなくてもいいんだ。夢を追っている状態になるだけで幸せなんだ。夢を負わせてくれ。というのなら、追えばいいと思います。その情熱があれば、今までの専門性を生かした転職先は絶対に見つかる気はしますが、、、

 

その時は、食えない覚悟だけはしてください。家族を持っていたら、無責任の誹りからは逃れられないと思います。

今になってそんなに大切に想う夢なら、家族を犠牲にしてでもという強い意志があるから止めても無駄でしょう。

とことん頑張ってくださいとしか言いようがありません。おそらく食えないでしょうし、かなり大変な状況で夢を追いかけることになるのではないでしょうか?

ふろんて
ふろんて

もう少し器用に夢を追いかけたらどうですか?

その夢でないとダメですか?

ちゃんとした転職をして、サラリーマンとして生活できる給料を貰いながら、夢を追いかけることはできませんか?

私なら、そう問いかけます。

 

参考例:私の場合

私は、仕事は「生活の糧を得る」ための手段と割り切って転職して、夢も希望もなく、嫌いな仕事で嫌々生きている訳ではありません。

今の仕事は好きですし、遣り甲斐があります。

初めから好きだったわけではありませんが、真剣に仕事にコミットしていくうちに、それなりに好きな部分を見つけることができました。ただ、好きと言っても、ストレスもなく、気楽な仕事というのではありません。

 

皆さんの仕事と同じように、ストレスもあるし、プレッシャーもあるし、人間関係に悩まされることもあります。

かといって、遣りたくない仕事ではないですし、仕事を楽しむようにしています。そして、今の仕事を、私にとってはそれなりに天職であると思うようにしています。

この仕事に、何十年も携わってきたので、他の仕事がどうかわからないので、天職だと思えば、そのように思い込めるのではと感じているだけです。

 

じゃ、今の仕事が夢の仕事だったかと言えば、そうではありません。私は、仕事は生活の糧を得るものとの意識が強いので、仕事に夢を求めていません。どちらかと言えば、仕事をしないことが夢なのです。

小学校の頃から、私の夢は、世界中を旅行することでした。未だにその夢は、私の一番大きな夢です。毎年、国内旅行をして楽しんでいます。日本も世界の一部ですからね。

その世界旅行の夢を叶えるために、サラリーマンの仕事をしながら、大きく稼ぐ副業も始めました。

れは何か?何を隠そうこのブログです。アドセンス、アフィリエイト収入で、一カ月に100万円稼ごうと奮闘中です。

一カ月に100万円の副収入があれば、お盆と年末年始の2回海外旅行に家族で行けますから、私の夢が叶うことになります。なので、私は、サラリーマンとして働きながら、副業としてブログで稼ごうとしているのです。

ブログのいいところは、失敗しても金銭的なリスクが1年間に数万円程度な所です。プロバイダー料金やテーマを買った料金等ですかね。

 

ブログを始めてかなり経ちます。そして今まで合計でいくらのブログ収入があったか?あまり言いたくないですが、正直に言います。

ゼロ円です。1円ぐらいは儲けれるとは思っていましたが、1円も儲けていません。かなりの時間私なりに必死で書いて、セロ円です。

何が言いたいかと言うと、

中高年リーマンが夢を追うということは、こんな現実しかないということです。

月100万円を儲けるという夢を今後も見続けていきますが、実際には1円の収入もないというのが、夢を追う中高年の現実ではないでしょうか?

もし、私が会社員を辞めて、専業ブロガーとして夢を追っていたらどうでしょう。何年経っても1円の収入もなく、家族は路頭に迷うことになるでしょう。

 

中高年求職者
中高年求職者

フロンテさん、副業でブロガーとして月100万円を儲けることを夢として追いかけるなんて、50歳も過ぎているのに、馬鹿じゃないですか?

ふろんて
ふろんて

まさに、私が言いたいのはそのことです。

好きな仕事とか夢のある仕事とかやりがいのある仕事とか言わずに、生活の糧を稼ぐ仕事に就いてください。

私のメッセージはそれだけです。

中高年の転職者の皆さんが、幸せな転職をされることを心から願っております。

 

 

 

ブログランキングのボタンを押していただけると嬉しいです!        にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職情報・転職サイトへ
にほんブログ村   
転職活動ランキング